新たな専門医制度

2018年度から始まる新たな専門医制度についてご紹介します

【概要】

厚生労働省において、医師の質の一層の向上を図ること等を目的として、平成23年10月より「専門医の在り方に関する検討会」を開催し、専門医に関して幅広く検討を重ね、平成25年4月に報告書をとりまとめました。 この報告書を踏まえ、プロフェッショナルオートノミーを基盤とした第三者機関として、平成26年5月に設立された一般社団法人日本専門医機構のもと、新たな専門医の仕組みの構築がスタートしました。2017年度開始としていましたが、地域医療への影響等を考慮し、一旦立ち止まりその見直しを図っています。機構の基本姿勢を「新たな専門医の仕組みは、機構と各基本領域学会が連携して構築する」を掲げ、また、仕組みを柔軟に運用するという方針を掲げています。基本方針に則って、整備指針の改定が行われました。
新らしい専門研修プログラムによる専門医の養成は、平成30年度から開始される予定です。
「専門医制度新整備指針」は下記ホームページに掲載されています。

※一般社団法人 日本専門医機構ホームページ

【専門医像】

 専門医とは、各専門領域において、国民に標準的で適切な診断・治療を提供できる医師である

【専門医制度の改革の基本理念】

1.プロフェッショナルオートノミーに基づいた専門医の質を保証・維持できる制度であること
2.国民に信頼され、受診にあたり良い指標となる制度であること
3.専門医の資格が国民に広く認知される制度であること
4.医師の地域偏在等を助長することがないよう、地域医療に十分配慮した制度であること

【新たな専門医制度の基本的な枠組み】

新たな専門医制度の基本的な枠組み

【新たな専門医制度(旧整備指針)Q&A】

新たな専門医制度Q&A(こちらをクリック)

【基本19診療領域の学会ホームページ】

※各学会の専門医についてのホームページにリンクをしています

日本内科学会

日本小児科学会

日本皮膚科学会

日本精神神経学会

日本外科学会

日本整形外科学会

日本産科婦人科学会

日本眼科学会

日本耳鼻咽喉科学会

日本泌尿器科学会

日本脳神経外科学会

日本医学放射線学会

日本麻酔科学会

日本病理学会

日本臨床検査医学会

日本救急医学科

日本形成外科学会

日本リハビリテーション医学会

総合診療科

【高知県下の専門研修プログラム】

準備中

▲ ページの最初へ