キャリア形成支援プログラム

泌尿器科専門医をめざして

I. プログラムの特色

泌尿器科疾患に関して、予防・啓発、診断、治療 (薬物療法、化学療法、手術療法など)、さらには看取りまでを一貫して行う 全人的診療を行う。特に、腎がん、前立腺がん、尿路上皮がんなどの泌尿器がんの診断・治療、さらには排尿障害(前立腺肥大症、過活動膀胱など)の診断・治療を、診療ガイドラインに基づいて行うことができる。また、ロボット支援手術(ダビンチ手術)や腹腔鏡手術など、高齢者にも施行可能な低侵襲手術を学び、患者さんのニーズに応え、より質の高い医療を提供し、地域医療に貢献する。

II. 目標

「泌尿器科医は超高齢社会の総合的な医療ニーズに対応しつつ泌尿器科領域における幅広い知識、錬磨された技能と高い倫理性を備えた医師である」という基本的姿勢のもと、泌尿器科の専門知識を身につけ、泌尿器科専門技能を習得し、資質を備えた泌尿器科専門医および指導医となり、地域医療に貢献する。

III. キャリアパス

career10.jpg

▲ TOP