キャリア形成支援プログラム

『高知家』外科専門研修プログラム (呼吸器外科専門医)

I. プログラムの特色

高齢化社会の先駆けである高知県でなければ得られない外科研修を提供するプログラムである。県下全域で『高知家』病院群を組み、一般的外科治療のみならず、高度先進医療、地域の医療までを貪欲に研修できる内容となっている。大学病院、市内および東西の中核病院を拠点としながら、近隣病院にも赴いて経験を積み、あらゆる立場の外科医を経験することによって、厚く広い外科医としての基盤を形成することを目指したプログラムである。

II. 目標

●外科専門医として、①小児から高齢者までをカバーし、②救急から慢性期まで対応でき、③全身管理を行うことができる外科医を育成する。
●手技(技)はもちろんのこと、患者・家族への対応(心)、さらにリサーチマインドも持つ(体)、academic surgeonを育成する。
●将来、外科の経験を活かして総合診療医を目指す場合にも対応できるよう、地域の外科、在宅の外科なども経験を多く積む。

III. キャリアパス

career5-2-2.jpg

IV. 備考

1. 償還免除年限を9年で、そのうち高知市・南国市での免除年限を3年6カ月と設定した場合を提示しています。
2. このモデルでは、最短の8年で外科専門医と呼吸器外科専門医を取得することができます。
3. 最短期間で一階建ての外科専門医と二階建ての呼吸器外科専門医の全てが取得できるモデルケースです。
4. 初期研修先は自由に選択できますが、この間、外科研修を多く選択すれば、5年修了時の外科専門医資格の取得時に手術経験症例にカウントされ有利です。
5. 一階建て部分の外科専門医(3,4,5年目)は、高知市南国市以外の外科専門医修練関連病院群で手術経験を積んで頂き、償還免除年限を2.5年分稼ぎます。 (関連施設群は高知市・南国市以外に15施設あります)
6. 外科専門医修練プログラムでは、最低半年は基幹施設である附属病院で研修する必要があり、3,4,5年目の間で償還免除期間の0.5年を使います。
7. 二階建て部分の呼吸器外科専門医(6,7,8年目)の修練施設は高知市と南国市に集中しています。よって償還免除期間の3年を使って研修することで最短で呼吸器外科専門医を獲得します (呼吸器外科専門医修練施設は、附属病院・医療センター・高知赤十字病院・国立高知病院・近森病院です)
8. 9年目は呼吸器外科専門医として償還免除年限の最後の1年を地域の基幹病院の医長などの待遇で勤務していただきます。
9. 呼吸器外科医は不足しています。10年目以降も、県内の基幹病院で呼吸器外科専門医として高度な外科医療を提供する医師として活躍頂くことを期待しています。

▲ ページの最初へ