キャリア形成支援プログラム

一般外科・消化器外科研修プログラム

I. プログラムの特色

外科専門医の取得を最初の目標とするが、外科専門医取得はプログラムのゴールではなくスタートである。当プログラムにおいては、高知県の今後の医療を担う腫瘍外科医、救急外科医の育成のみならず、地域診療を担うジェネラリストや臨床と基礎とをつなぐ研究者の育成も目指すものである。外科専門医取得後のプログラムについては、それぞれの進路希望に最大限配慮できるように個々に立案することとする。

II. 目標

まず、第一に外科専門医の取得。その後の目標は、個人により違いがでるが、消化器外科専門医や内視鏡外科技術認定、Acute care surgeon、研究(免疫難病センターと協力)、地域医療などのそれぞれ分野においてプロフェッショナルとなることと同時に、高知を拠点として、日本全国さらには世界に発信できる人材となることである。

III. キャリアパス

career5-1.jpg

▲ TOP