キャリア形成支援プログラム

高知大学医学部附属病院放射線科専門研修プログラム

I. プログラムの特色

放射線科は、放射線診断(画像診断、核医学、 IVR)と放射線治療に大きく分かれていますが、専門医取得にはその両方の知識の習得が必要です。本プログラムでは各分野をローテートすることにより、3年間で必要な症例数を経験し放射線科専門医を取得することができます。また大学病院および連携施設での研修を通じて、急性から慢性疾患まで、先端的な医療から地域医療まで、各臓器の放射線診療を、総合的に研修することが可能となっています。放射線科専門医取得後は放射線診断または治療専門医取得に向けた研修を行うとともに、希望に応じてより専門的なサブスぺシャルティ専門医取得を目指した研修も選択できます。

II. 目標

放射線科は、頭の先から足の先まで全ての臓器を取り扱っており、一診療科でありながら、ほとんど全ての診療科と何らかのかかわりを持つという特徴的な診療科です。まず臨床に直結できる放射線診療を提供できるよう画像診断・IVRまたは放射線治療の基本的知識を幅広く身につけて放射線科専門医を取得し、その後、より専門的な知識を習得します。さらに高度なサブスぺシャルティ分野における指導者となったり地域貢献にも従事することも可能です。

III. キャリアパス

career12.jpg

▲ ページの最初へ