キャリア形成プログラム

高知赤十字病院:救急科専門医をめざして

I. プログラムの特色

高知県中央医療圏の基幹病院であり、救命救急センターを併設する当院では、多彩な専門性を兼ね備えた救急専門医10名が指導にあたり、外来・集中治療室・手術室において、救命救急に必要な知識・技術の修得を目指す。また、地域の救急医療体制、特に救急搬送と医療機関との連携の維持・発展に加え、赤十字の使命である災害医療についても連携し、地域全体の安全を維持する役割を担う。

II. 目標

地域住民に救急医療へのアクセスを保障し、良質で安心な標準医療を提供できる救急科専門医を育成し、急病、外傷、中毒など原因や罹患臓器の種類に関わらず、全ての緊急性に対応する救急科専門医を育成する。また、救急医療体制の整備や災害医療にも精通する医師を目指す。
医の倫理に基づき、救急搬送患者を中心に、速やかに受け入れて初期診療にあたり、必要に応じて適切な診療科の専門医と連携して、迅速かつ安全に診断・治療を進める能力を身につける。

III. キャリアパス

career-r-16-01.jpg

▲ TOP