キャリア形成プログラム

近森病院:内科専門研修プログラム(サブスペシャルティ循環器専門医コース例)

I. プログラムの特色

幅広い疾患群と圧倒的な症例数を有する近森病院を中心に、重症疾患だけでなく軽症の救急疾患やコモンディジーズを数多く経験することで、救急医療や高齢者医療に強いジェネラリストの育成を行っている。また、サブスペシャルティ専門研修との連動(並行)にも対応しており、大内科制の特長を生かし、専門研修1年目から希望するサブスペシャルティ領域に所属したままで研修を行うことが可能。専門研修1年目に内科専門研修で求められる経験症例数要件を満たした後は、2年目から希望するサブスペシャルティ領域の研修を重点的に行い、最短4年間(6年目)で内科専門医に加えサブスペシャルティ領域専門医資格の取得が可能である。

II. 目標

「Primary careもできるspecialistを育てる」ことを目指している。救急疾患や一般的疾患を数多く経験することで内科専門医としての基本的な臨床能力を獲得し、標準的かつ全人的な内科診療の実践に必要な知識と技能を習得する。その後、更に高度な内科領域サブスペシャルティ専門医の研修を行い、高知県全域を支える内科専門医を養成する。

III. キャリアパス

career-t-1.jpg

▲ TOP