会議室利用にあたり

会議室(掲示板)ご利用にあたっては下記の「会議室利用規約」についてに同意いただくことが前提となります。

会議室利用規約

第1条(定義)
高知地域医療支援センター(以下「センター」といいます。)は、センターが提供する「会議室(掲示板)」(以下「会議室」といいます。)の利用について、以下のとおり利用規約を定めます(以下「本規約」といいます)。会議室の利用者(以下「利用者」といいます。)は、予め本規約に同意した上で、会議室を利用するものとします。なお、本規約に定めがない事項はセンターが定める「サイト利用規約」が適用されるものとします。

第2条(会議室の内容)
センターは、会議室として、利用者が特定のテーマ・カテゴリに関する情報を投稿する機能、画像を投稿する機能、コメント等を投稿する機能、他者の投稿に対して感想を投票する機能、及び当該機能を用いて利用者が投稿した情報・コメント・画像等(以下、総称して「書き込み内容」といいます。)を提供します。なお、センターは会議室を予告なく変更、全部又は一部の利用停止、廃止することが出来ます。

第3条(書き込み内容の削除について)
利用者は、以下の事由に該当するもしくは該当するおそれがあると思われる書き込み内容は投稿することが出来ません。以下の事由に該当するもしくは該当するおそれがあると思われる書き込み内容が投稿された場合、センターは、利用者に対して予告無く、書き込み内容の削除、又は会議室利用の停止ないし制限等の措置をとる場合があります。なお、当該措置の対象に該当するか否かは、全てセンターが判断するものとします。また、以下の事由に該当する又は該当するおそれがあると思われない場合でも、会議室の管理運営の都合上、やむを得ず書き込み内容の削除等をする場合もありますので、予めご了承下さい。

  1. 特定の個人・団体を誹謗中傷する行為
  2. 虚偽の内容を含むメッセージの掲載(ご自分で事実確認をされていない、うわさ・風評の類のメッセージの掲載もこれに準じて禁止します。)
  3. 他者の名誉・信用を害する行為、営利目的の行為
  4. 選挙運動、政治活動、慈善活動、労働組合の活動、その他特定の思想・宗教の伝播・布教を目的とした特定の団体の活動等に勧誘する行為
  5. 法令やわいせつな、残虐な、その他公序良俗に反する行為
  6. 他者の権利の侵害にあたる行為
  7. 他人や自分の住所・氏名・電話番号・メールアドレス等や、および法人の電話番号・メールアドレス等を掲載する行為
  8. 物品の売買または譲渡(有料・無料にかかわらず物のやりとりは禁止します)
  9. 高知地域医療センターの指示・注意に反する行為
  10. 求人求職、署名活動、募金や寄付等の募集行為
  11. その他、YMDPの運営を妨げたり、他者に迷惑をかける行為
  12. コーナーの主旨に合わない内容、不適切な内容
  13. サイト利用規約に定める禁止行為

第4条(著作権等)
利用者が会議室で書き込み内容を投稿した時点で、当該書き込み内容の国内外における複製権、公衆送信権、譲渡権、翻訳権・翻案権等の全ての著作権その他の著作権法上の権利(センターから第三者に対する再利用許諾権を含みます。)を、利用者がセンターに対して無償で利用することを許諾したものとします。
利用者は次の各号に掲げる事項について同意し、かつ、遵守しなければなりません。

  1. 書き込み内容について、投稿した利用者が複製権、公衆送信権、譲渡権、翻訳権・翻案権等の全ての著作権その他の著作権法上の権利を有していることを、当該利用者に保証していただきますので、著作権法上の権利の有無については十分に注意して投稿して下さい。また、第三者の著作物等を利用して投稿する場合には、利用者の責任と負担において前項の許諾に必要な権利処理(利用者からセンターに対する利用許諾、センターから第三者に対する再利用許諾に必要な権利処理を含みます。)がなされていることを前提とさせていただきますので、第三者の著作物等を利用される場合にも十分に注意をして投稿して下さい。
  2. センター又はセンターから再利用許諾を受けた第三者が、利用者が投稿した書き込み内容を、センターのウェブサイト内や当該第三者が運営するウェブサイトへのコンテンツ提供その他の様々な方法で利用する場合がございます。この際、文章の要約、抜粋、若しくは投稿された画像のサイズの変更、切り抜き等による改変、又は著作者の表示の省略をする場合がございます。また、利用者は、本項に具体的に記載された場合に限らず、センター又はセンターから再利用許諾を受けた第三者が書き込み内容を利用する場合には、著作権法上の著作者人格権(公表権・氏名表示権・同一性保持権)を行使しないものとします。なお、センターは利用者が投稿した書き込み内容を細心の注意を払って利用させていただきますが、万が一、当該利用に伴う改変等が利用者の名誉・声望等を侵害している場合には、センターまでご連絡下さい。
  3. センター又はセンターから再利用許諾を受けた第三者が、利用者が投稿した書き込み内容を利用する場合には、地域制限その他の付随条件はないものとします。また、利用者の利用許諾期間は書き込み内容の著作権が存続する限りとし、ロイヤリティ等の対価は一切発生しないものとします。

第5条(当規約について)
本規約は、予告なく内容を変更する場合があります。変更した内容は、センターのウェブサイトへ掲示することにより、即時効力を生ずるものとします

▲ ページの最初へ