高知県の専門研修プログラム ★内科(研修期間3年)

高知大学内科専門研修プログラム(募集定員20名)

■特色
 本プログラムの最大の特性は、専攻医が高知県の希望する地域にある連携施設・特別連携施設での研修が可能であり、高度医療から、急性期医療および地域医療を幅広く研修することが出来ることです。これにより、新しい時代に求められる内科専門医としての自身の成長を強く支援します。
 また、将来のサブスペシャリティを視野に入れながら、リサーチマインドを持ち、将来の医療の発展に貢献できる契機となる研修を実践します。
■連携施設
 あき総合病院、高知医療センター、近森病院、
 高知赤十字病院、国立病院機構高知病院、
 細木病院、幡多けんみん病院、JA高知病院
■特別連携施設
 四万十市立市民病院、渭南病院、大月病院、愛宕病院、いずみの病院、高知生協病院、高知高須病院、
 JCHO高知西病院、南国病院、白菊園病院、土佐市民病院、野市中央病院、嶺北中央病院、 北島病院、島本病院、
 須崎くろしお病院、くぼかわ病院、梼原病院、大井田病院、佐川町立高北国民健康保険病院、
 四万十市国民健康保険西土佐診療所、仁淀川町国民健康保険大崎診療所、四万十町国民健康保険十和診療所、
 四万十町立興津診療所

高知大学内科専門研修プログラム冊子

高知大学医学部附属病院ホームページ

高知医療センター内科専門研修プログラム(募集定員5名)

■特色
 高知医療センターは、6つの診療機能(がんセンター、循環器病センター、地域医療センター、総合周産期母子医療センター、救命救急センター、こころのサポートセンター)を有しており、高知県内・県外の協力病院と連携して人材の育成や地域医療の充実に向けて様々な活動を行っています。本プログラムは初期臨床研修終了後に大学病院の内科系診療科が協力病院と連携して、質の高い内科医を育成するものです。また単に内科医を育成するだけでなく、医療安全を重視し、患者本位の医療サービスが提供でき、医学の進歩に貢献し、日本の医療を担える医師を育成することを目的とするものです。
■連携施設
 高知大学医学部附属病院、近森病院
■特別連携施設
 檮原病院、大井田病院、大月病院

高知医療センター内科専門研修プログラム冊子

高知医療センターホームページ

高知赤十字病院内科専門研修プログラム(募集定員5名)

■特色
 高知県中央医療圏で急性期病院かつ地域支援病院である高知赤十字病院を基幹施設として、高知県中央医療圏、近隣医療圏にある連携施設・特別連携施設とで内科専門研修を行います。高知県のみでなく我が国の医療事情を理解し、必要に応じた可塑性のある、地域の実情に合わせた実践的な医療が行えるような研修が可能です。
 また、当院は救命救急センターおよび健診部を併設しており、急性期医療だけでなく、予防医学から人生の最終段階における医療など高知県で暮らす人々の生活を支え、健康を維持し生命を守る幅広い視野とスキルをもった内科専門医となるための研修が可能です。
■連携施設
 高知大学医学部附属病院、国立病院機構高知病院、徳島大学病院(徳島県)
■特別連携施設
 野市中央病院、あおぞら診療所、植田医院

高知赤十字病院内科専門研修プログラム冊子

高知赤十字病院ホームページ

近森病院内科専門研修プログラム(募集定員8名)

■特色
 本プログラムでは、①大内科制によるジェネラルに強い内科専門医、②救急に強い内科専門医、③チーム医療のリーダーとしての内科専門医、④地域に貢献できる内科専門医の育成を目標としています。
 また、複数の連携施設や特別連携施設との研修施設群を形成しており、多様な研修への対応が可能であると同時に、研修に専念できる環境を整えています。
■連携施設
 高知大学医学部附属病院、高知医療センター、
 幡多けんみん病院
■特別連携施設
 近森リハビリテーション病院、須崎くろしお病院、 大井田病院

近森病院内科専門研修プログラム冊子

近森病院ホームページ

▲ ページの最初へ