高知県の専門研修プログラム ★外科(研修期間3年)

「高知家」外科専門研修プログラム(募集定員10名)

■特色
 本プログラムの特徴は、高知県内の医療施設が一丸となって施設群を形成していることです。高知県は、高齢化や過疎が進む中、他県に先立って地域医療を充実する戦略を展開してきました。高知県での外科研修は、オールラウンドな外科医の育成に適しています。
 外科専門医は、外科手技に特化した狭量な専門医であってはならず、チーム医療を必要とする治療が増えていることを鑑み、他の専門領域の最新の知識に根ざした広い基盤を持ち、他診療科の医師、コメディカルで形成するチームの一員として、また必要に応じて、リーダーシップを取れる専門医を目指しています。
■連携施設
 高知医療センター、高知赤十字病院、国立病院機構高知病院、幡多けんみん病院、近森病院、あき総合病院、
 くぼかわ病院、野市中央病院、細木病院、仁淀病院、JA高知病院、土佐市民病院、田野病院、竹下病院、
 JCHO高知西病院、図南病院、国吉病院、渭南病院、須崎くろしお病院、島津病院、高陵病院、
 四国中央病院(愛媛県)

「高知家」外科専門研修プログラム冊子

高知大学医学部附属病院ホームページ

▲ ページの最初へ