高知県の専門研修プログラム ★整形外科(研修期間4年)

高知大学整形外科専門研修プログラム(募集定員6名)

■特色
 整形外科には、脊椎、股関節、膝関節・スポーツ医学、骨軟部腫瘍、上肢・手外科、足の外科、小児整形外科、リウマチ、骨代謝、リハビリテーション、運動器慢性痛などの診療・研究グループがあります。連携施設は、スポーツ医学、手外科、脊椎外科、関節外科、救急医療、リハビリテーションなどそれぞれに特色をもった大学、施設、病院があり、機能的なローテーションにより、プライマリケアから最先端の臨床・研究までを学ぶことができます。
■連携施設
 あき総合病院、高知赤十字病院、細木病院、
 須崎くろしお病院、くぼかわ病院、
 幡多けんみん病院、倉敷成人病センター(岡山県)

高知大学整形外科専門研修プログラム冊子

高知大学医学部附属病院ホームページ

近森病院整形外科専門研修プログラム(募集定員3名)

■特色
 当院のプログラムでは小児、腫瘍、外傷、上肢・手外科、リウマチ外科、足の外科、スポーツ医学、関節外科、脊椎・脊髄外科などの専門性の高い診療を経験することができます。基幹施設である近森病院では、サブスペシャリティに対する専門性の高い研修に加えて、特に多くの急性外傷症例を経験できます。
 また、その急性期治療、手術的治療、術後リハビリテーション、長期術後成績等の急性期から慢性期にかけての整形外科疾患の経過を診ることを通じ、急性外傷治療分野に強いスペシャリストの育成を目標としています。
■連携施設
 高知医療センター、近森オルソリハビリテーション病院、
  手稲渓仁会病院(北海道)、岡山大学病院(岡山県)、名瀬徳洲会病院(鹿児島県)

近森病院整形外科専門研修プログラム冊子

近森病院ホームページ

▲ ページの最初へ